Q.運転免許証の再発行(再交付)はどうやればいいですか?

[更新日]  運転免許相談所

運転免許証を再発行(再交付)しましょう

A.運転免許証をなくした・汚れてしまった(汚損)・盗まれた(盗難)・破れてしまった(破損)場合は、再発行(再交付)することができます。

運転免許証の有効期間内ならいつでも再発行することができますのでご安心ください。

運転免許証を紛失してしまった人は「Q.運転免許証を紛失してしまいました。どうすればいいですか?」をご覧ください。紛失してしまったケースにあわせて説明しています。

なお運転免許証の有効期間が切れる日の前1ヵ月以内の場合は、免許証の再発行ではなく新しい免許証への更新手続きになります。

新しい免許証を手に入れたら、汚損・盗難・破損に気をつけてきちんと管理しましょう。

免許の更新については「Q.運転免許・自動車免許の更新の流れって?」をご覧ください。

免許証の盗難にあった場合は、盗まれた免許証が悪用されないように警察署に届出をだすことをオススメします。

運転免許証は本人確認書類としてとても有効で、世の中でよく使われています。

写真が表示されているので悪用されるケースはあまり多くないかもしれませんが、財布やクレジットカードなどと合わせて届出を出すことをオススメします。


スポンサーリンク

運転免許証の再発行はどこでできるの?

運転免許証の再発行は、下の3か所で手続きすることができます。

  • 運転免許センター
  • 運転免許試験場
  • 警察署の運転免許課など

ただし、地方によっては運転免許センター・運転免許試験場でのみ再発行を受け付けており、警察署では再発行の手続きができない場合があります。

あらかじめ、運転免許センター・運転免許試験場や警察署に電話をかけて確認しておくと確実でしょう。

免許証の再発行は住民票に記載してある(住民登録してある)都道府県で手続きすることができます。本籍地まで行く必要はありませんので、ご安心ください。

それぞれの都道府県の運転免許証についての警察署のホームページはこちらをご覧ください。

再発行の受付時間って?

どこで手続きをおこなうとしても平日におこなうようにしましょう。再発行手続きは、土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始は休みだと考えておきましょう。

受付時間は場所によって違います。あらかじめ確認しておきましょう。

運転免許センター・運転免許試験場の受付時間については「運転免許センター・運転免許試験場について」をご覧ください。

免許証の再発行に必要な持ち物(必要書類)って?

運転免許証を再発行するために用意する持ち物、必要書類は以下の物になります。

運転免許証再交付申請書

運転免許証再交付申請書
運転免許証の再交付手続きをするための申請書です。運転免許センター・運転免許試験場・警察署に置いてありますので、あらかじめ用意して持っていく必要はありません。

あらかじめ用意して持って行くことができれば、再発行手続きの時間が短くなり待ち時間を減らすことができるでしょう。

運転免許証紛失顛末書(てん末書)

運転免許証紛失顛末書(てん末書)
運転免許証紛失顛末書(てん末書)については運転免許センター・運転免許試験場・警察署の指示に従いましょう。

書類の場合もありますし、サインだけの場合もあります。指示にしたがって必要事項を記入して提出しましょう。

申請用写真

運転免許証に表示される写真です。1枚用意して持っていきましょう。

運転免許センター・運転免許試験場で撮影してもらうこともできますし(撮影費用がかかります))、自宅近くの駅・ショッピングモール・家電量販店などに置いてあるスピード写真機(自動証明写真機)で撮影したものを持って行っても大丈夫です。

写真の大きさは縦が3.0cm、横が2.4cmのサイズです。スピード写真機で撮影する場合、パスポート用の写真などと間違えないように注意しましょう。

普段メガネをかけている人の場合、運転免許証に表示する写真はメガネをかけていてもかけていなくても大丈夫です。

運転免許証を普段の本人確認用書類として使うことが多い人は、メガネをかけた写真を使ったほうがいいでしょう。

サングラスをかけたり、前髪で顔が隠れてしまうような写真は避けましょう。

申請用写真についてもっと詳しく知りたい方は、免許証の写真について詳しく説明しているページをご覧ください。

印鑑

認印(みとめいん)で大丈夫です。

シャチハタでは認められない場合もあるので、認印(みとめいん)を持って行きましょう。

破損、汚れてしまった運転免許証

破損したり、汚れてしまった運転免許証が手元にある場合は持って行きましょう。本人確認が早くできるので、手続きが少し早く進む場合があります。

身分証明書

保険証・年金手帳・住民票・外国人登録証明書などを持って行きましょう。

再発行手数料(費用・料金)

3,500円

20151117_コーヒーここで少し休憩を♪20151117_コーヒー

「そろそろ車を買い替たいな」「今年は車検前に車を売ろうかな」そんな方に“車を高く上手に売る”方法をお伝えしています。

かしこく車を売ると、50万円以上もお得になるってご存知ですか?知らずに損をしないように気をつけてくださいね。

>>◆車を高く上手に売る方法を読んでみる◆<<
--
[PR]車を買替えを考えているなら新車より新古車・中古車が断然お得です。

「中古車は不安…」という方も、プロが選んでくれるから安心です。

もれなく5,000円のギフト券があたるキャンペーンが今月末まで実施中です。

◇新古車・中古車の購入サイト、中古車選びのコツを見てみる◇


20151117_コーヒーありがとうございました20151117_コーヒー

運転免許証の再発行にはどれくらい時間がかかるの?

運転免許証の再発行にかかる時間は、運転免許センター・運転免許試験場で手続きをおこなった場合はその日に再発行してくれるでしょう。

手続きには約半日かかるので、午前中・もしくは午後の早い時間に手続きを開始しましょう。

警察署で手続きをおこなった場合は、その日に受け取ることはまずできないと考えておきましょう。地域によりますが、2~3週間ほどかかると考えておきましょう。

後日、警察署に受け取りに行く必要もありますので、時間がある人は警察署で手続きをするよりは運転免許センター・運転免許試験場での手続きをオススメします。

運転免許証の再発行にはいくらかかるの?

運転免許証の再発行には手数料が3,500円かかります。免許証の更新手続きと一緒に再発行をおこなう場合は手数料はかかりません。

運転免許証の再発行は本人じゃないといけないの?

運転免許証の再発行は本人以外することはできません。運転免許証の更新と同じですね。

時間がある人はなるべく運転免許センター・運転免許試験場で手続きをおこない、早く再発行してもらいましょう。どうしても時間がない人は近くの警察署で手続きをおこないましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

[ここからPRです]

車を手ばなすとき、やり方次第で売値が数十万円も変わるってご存じですか?

ポイントは「高く買ってくれる会社を見つける」こと。東証一部企業が運営している「かんたん車査定ガイド」をお試しください。


車を買うなら中古車・新古車がお得!

「なびくる+」は欲しい車の条件を登録するだけでオススメの新古車・中古車を探してくれます。もちろん無料です♪



運転免許相談所をご覧いただきありがとうございました。

少しでも役に立つことができたら嬉しく思います。

また、ご利用をお待ちしています。ありがとうございました。