Q.免許証の写真って持ち込みでもいい?|コツ・服装・カラコン

[更新日]  運転免許相談所

運転免許を更新する時の新しい運転免許証に使われる顔写真は、運転免許センターや試験場などの施設で撮影してもらえるので、必ずしも自分で写真を撮って持っていく必要はありません。

ただし自分であらかじめ撮影をした写真を持参して、新しい免許証に使ってもらうこともできます。

このページでは写真を持参する時のサイズや背景といったルール、また撮影するときの服装・カラコン・ピアスについてや、笑顔の作り方・キレイに写るコツについて説明します。


スポンサーリンク

免許を更新する時の写真って?

青色運転免許証運転免許証

運転免許センターで写真を撮影される場合、椅子に座ってからほぼ一瞬で終わってしまうため、写真の仕上がりに不満に思う人もいます。

ほとんどの方は一度免許証が作られたら3年から5年という長い間、同じ免許証を使うことになります。そして身分証明書としていろいろなところで免許証を使うことになるでしょう。

自分で撮った写真を免許証に使いたいという人は、事前に撮影したものを持っていくといいでしょう。

だだし、免許証に使うことができる写真には一定の条件があります。自分で撮影するときには免許証に使用される適正な条件を確認しておくようにしましょう。

写真を持参した場合の更新手続きの違いは?

運転免許証の更新手続きは通常の流れと大きな違いはありません。写真撮影をする時に写真を持参していることを申告し、係員に提出するようにしましょう。

その場合、通常の更新より免許証の交付時間が遅くなったり、各都道府県の運転免許センターによっては即日交付されないところもあります。申請書を提出するときに窓口で確認しておくといいでしょう。

運転免許証に使用できる適正な写真とは?

免許証に使用できる写真の条件は

  • カラー、無帽、正面、上三分身(胸から上)、無背景、単一色
  • サイズ:縦3センチ✕横2.4センチの縁無し
  • 申請前6ヶ月以内に撮影したものに限る
  • 背景色:薄い「灰色、茶色、青色」のいずれか

となっています。

必要な写真の条件必要な写真の条件

持参した写真がこれらの条件を満たしていれば、運転免許更新に使用されます。

普段メガネをかけている人の場合、運転免許証に表示する写真は眼鏡をかけていてもかけていなくても大丈夫です。

視力検査を受ける時にメガネをかけたりコンタクトをして検査を受けさえすれば、写真は必ずしも眼鏡をかけている必要はありません。

運転免許証に使用することができない不適切な写真とは?

下記のような写真だと、免許証の写真として使ってもらうことができません。十分注意しましょう。

  1. 顔を傾けていたり、正面を向いていない
  2. 顔が上三分身より大きい、もしくは小さい
  3. 写真の中心から顔がずれている
  4. 写真の明度が明るすぎる、もしくは暗すぎる
  5. 目が髪などで隠れている、もしくは衣類で顔が隠れている
  6. 旅先などでのスナップ写真
  7. 幅の広いヘアバンド
  8. 笑い顔、目を細めている、視線が正面でない
  9. 衣類などが背景と同化している
  10. 背景が同一色でない
  11. 写真が不鮮明、もしくは粒子が荒い、変色、傷、汚れがあるもの
  12. カラーコンタクト(カラコン)で眼の色が違っているもの
  13. サングラス、マスクを使用していたり、変装したりして、個人識別が容易でないもの
  14. 写真を合成または、修正しているもの。顔の周りをぼかすなどグラデーションも不可
  15. 写真専用紙以外で印刷しているもの、またはコピーしているもの
  16. 洋服が見えず、裸に見えてしまう

などです。免許証の写真として使用できるかどうかは、写真を確認する担当者の判断次第です。

自分では大丈夫と思っても、担当者の判断によっては使用することができない場合があります。きわどい写真はやめて、確実に使ってもらえるような写真を持っていきましょう。

免許証の写真をキレイに撮るコツは?

免許証の写真をキレイに撮影するコツとしては、下記のようなテクニックがあります。

  1. 白いハンカチなどを膝の上に乗せると、レフ板効果で美肌に見せることができます
  2. 服の色は、白かベージュにすると、顔色を明るく見せる事ができます
  3. 襟元が広く開いているVネックを着ることで、顔を細く見せる効果があります
  4. シャッターが切られる前に、目をしっかり開くことを意識するとで目を大きく見せます
  5. 背筋を伸ばして、顎を引くと、顔が引き締まって見えます
  6. 髪の毛で輪郭を隠さないようにすると小顔効果が得られます
  7. 口角を少し上げて、口を閉じることで、自然な表情になります
  8. リップとチークに発色の良い色を使うなど、メイクにも気を配ばります

運転免許更新時に撮影する写真やパスポートなどの証明写真は、レンズを前にして、どうしても緊張してしまい、表情が固くなりがちです。

暗い表情の顔写真では、免許証を身分証明として使う時もちょっと気が引けるというものです。

より自分らしい表情で新しい免許証を作るためにも、上記のコツを意識して、何度か撮影したものの中からお気に入りの1枚を持っていくのもいいでしょう。

運転免許の更新にかかわる他の記事もどうぞ

これから運転免許の更新に行かれる方は、更新時に受ける講習や更新にかかる時間など、更新に関わる他の記事も読んでおくとスムーズに手続きが進むでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

[ここからPRです]

車を手ばなすとき、やり方次第で売値が数十万円も変わるってご存じですか?

ポイントは「高く買ってくれる会社を見つける」こと。東証一部企業が運営している「かんたん車査定ガイド」をお試しください。


車を買うなら中古車・新古車がお得!

「なびくる+」は欲しい車の条件を登録するだけでオススメの新古車・中古車を探してくれます。もちろん無料です♪



運転免許相談所をご覧いただきありがとうございました。

少しでも役に立つことができたら嬉しく思います。

また、ご利用をお待ちしています。ありがとうございました。