Q.軽自動車税ってなんですか?

[更新日]  運転免許相談所

軽自動車税とは

A.軽自動車と小型二輪車、軽二輪車、原動機付自転車(原付)の名義人に課税されるのが軽自動車税です。

自動車税と同じように、4月1日時点で届出(登録)してある軽自動車、二輪車、原付に対して市区町村税として使用者(名義人)が税金を納める必要があります。

ナンバーによって金額がかわるの?

軽自動車は乗用車の500ナンバーと貨物車(トラック・ライトバン)の400ナンバーに区別され、税額は定額です。

軽自動車税率表

区分 金額
軽自動車 乗用車(500ナンバー) 年額7,200円
貨物車(400ナンバー) 年額4,000円
二輪車 小型二輪(総排気量0.251リットル以上) 年額4,000円
軽二輪(総排気量0.126~0.250リットル) 年額2,400円
原動機付自転車 原付二種(総排気量0.091~0.125リットル) 年額1,600円
原付二種(総排気量0.051~0.090リットル) 年額1,200円
原付一種(総排気量0.050リットル以下) 年額1,000円

軽自動車税の納入方法

軽自動車税の納入方法は自動車税と同じです。

自動車税と違う点としては、軽自動車税は年度の途中に登録してもその年度中は税金がかかりません。次の年度から支払うことになります。

そのかわり、年度の途中に廃車や名義変更をしても税金の返還はありませんのでご注意ください。

⇒自動車税については「Q.自動車税ってなんですか?」をご覧ください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

[ここからPRです]

車を手ばなすとき、やり方次第で売値が数十万円も変わるってご存じですか?

ポイントは「高く買ってくれる会社を見つける」こと。東証一部企業が運営している「かんたん車査定ガイド」をお試しください。


車を買うなら中古車・新古車がお得!

「なびくる+」は欲しい車の条件を登録するだけでオススメの新古車・中古車を探してくれます。もちろん無料です♪



運転免許相談所をご覧いただきありがとうございました。

少しでも役に立つことができたら嬉しく思います。

また、ご利用をお待ちしています。ありがとうございました。