Q.運転免許の色について教えてください

[更新日]  運転免許相談所

運転免許の色って何?

運転免許証の真ん中より少し上に、免許証の有効期限が「平成○○年○○月○○日まで有効」というように書かれています。

そして、有効期限が書かれている部分の背景は、帯状にグリーン(緑色)・ブルー(青色)・ゴールド(金色)のいずれかの色で塗られています。

この色が運転の色と呼ばれているものです。

スポンサーリンク

運転免許の色はどのように決まるの?

運転免許をとって初めてもらう免許証の色はグリーン(緑)です。免許を初めて更新すると免許証の色はブルー(青)になります。ここまでは誰もが同じです。

2回目以降の更新では、一定の条件を満たした人は免許証の色がゴールド(金)になります。条件を満たしていない人の免許証の色はブルー(青)のままです。

ゴールド免許について詳しく知りたい人はゴールド免許についての説明をご覧ください。

免許証の色と有効期間の関係は?

はじめてもらう免許証

はじめてもらうグリーンの免許証の有効期間は3年です。

初回更新でもらう免許証

免許をとって3年後、初めての更新をしてもらうブルーの免許証の有効期間も3年です。

青色運転免許証ブルー(青色)の運転免許証

2回目以降の更新でもらう免許証

2回目以降の更新でもらう免許証については少し複雑です。70歳未満の人の場合で説明します。

まず、ゴールドの免許証の有効期間は5年です。ゴールドの免許証がもらえなかった人はブルーの免許証をもらうことになり、有効期間は3年または5年です。

過去5年間に違反点数3点以下の軽微な違反を1回だけ犯した人は、免許証の色はブルーで有効期間はゴールドと同じ5年となります。

過去5年間に違反点数4点以上の違反、もしくは3点以下でも2回以上犯した人は、免許証の色がブルーで有効期間は3年となります。

ですから、複数回違反をしてしまうと免許証の色はブルーで、その有効期間は3年ということになります。

グリーンの免許証がブルーに変更される特殊なケース

グリーンの免許証を持っている人が更新期限までに上位免許(普通自動車免許の上位免許は中型・大型自動車免許)を取った場合は、ブルーの免許証が交付されます。

上位免許については「運転免許にはどんな種類があるの?」をご覧ください。

ゴールド免許になるには?

一番気になるポイントは「どうやったらゴールド免許になるか」でしょう。運転免許証がゴールド(金)になる条件については「Q.運転免許がゴールド(金色)になる条件は?」をご覧ください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

[ここからPRです]

車を手ばなすとき、やり方次第で売値が数十万円も変わるってご存じですか?

ポイントは「高く買ってくれる会社を見つける」こと。東証一部企業が運営している「かんたん車査定ガイド」をお試しください。


車を買うなら中古車・新古車がお得!

「なびくる+」は欲しい車の条件を登録するだけでオススメの新古車・中古車を探してくれます。もちろん無料です♪



運転免許相談所をご覧いただきありがとうございました。

少しでも役に立つことができたら嬉しく思います。

また、ご利用をお待ちしています。ありがとうございました。